混じりけのない私。魂の純度。

私の成長記録

魂の成長記録として今日は綴っています。



感情の手放しをしている期間


これって自分と深く向き合う期間で

いらないこだわり、制限、ブロック、フィルター

これらと向き合うから結構キツイ


例えていうなら

自分に銃を向けてる感じ



その銃の玉が見事に当たって

こだわりが砕け散った時

また1つ制限が外れて

生きやすくなる



この期間

何がほしい?なにを求めてる?どうありたい?どうなりたい?

自分に語りかけてみると

心の平和がほしい~って常に思っていた



1つ1ついらない制限がはずれるたび

心の平和が訪れる


とても静かで穏やか




そんなに苦しいなら

別に感情の手放しなんてしなくていいじゃんって思うけど。。。


勝手にでてくるからしょうがない


でもそれと向き合い

その感情が消化され流されていくと

ほんと生きやすくなる



なんていらない制限を持っていたんだろうって





自分と向き合う作業

これって「魂の純度」を高めていっているのだと思っていて


「混じりけのない自分」になっていくための作業


またある程度の混じりけもありで

その人の個性となる作業






数秘とかよくわからいんだけど

3-6-5の数字を持つ私は


真ん中、今を生きる「6」は愛情

愛情を出すのは得意

愛に生きるって思ってるし

私は愛の塊だったことも思い出している。


でも愛を受け取るのがヘタクソ




チャレンジナンバーと言われる

未来の数字、自分への目標・課題を示す数字の「5」は

自由・変化・拡大・アクティブ



自由になるためには制限をはずし変化をしていく


変化を恐れる私にとってこれってすごく課題

だからこそのチャレンジナンバーなんだって納得




そもそもさそり座で執着(こだわり)が強い

長女気質の「ちゃんとしなきゃ星人」

課題になっている数字が⑤で自由、変化



なるべくして今この期間なんだって


もぉ人生面白すぎるんですけど^m^




本当の私に戻っていくために

私にはチネイザンが必要だった。


奥底に眠っていた感情を浮かび上がらせて

そこと向き合うために

必要だったチネイザン



すごいな~

未消化の感情は内臓に宿るっていうけど

ほんと

実体験で感じている



チネイザンの効果として挙げられているもので

自己発見と変化

生きやすくなる

心の底から生命力が湧いてくる

などがあるけど


ホントに?って思っていたことはホントだった。







2018年6月の瞑想の時に作ったもの

意図してない、なんで自分がこう作ったかもわからないけど

このころから

魂がクリアになっていくんだよって教えてくれてだんだね。

私であり私でなくなる。




今日は今までの手放しのまとめ。

私の成長記録として残しておきます。

意味不明なブログを読んで下さってありがとうございます♡





☆フェリーチェのメニューはこちらからどうぞ☆


腸と対話する深いセラピーで心身を癒す...felice

千葉、市原でチネイザン(内臓の声を聴く)セラピー... お母さんが赤ちゃんのお腹や背中を撫でるやさしいタッチで、各臓器の声を聴きながら、心や感情と深く向き合っていきます

0コメント

  • 1000 / 1000