食べるものは気を付けるのに、肌から入ってくるものには無関心?

先日開催した手作り布ナプキン講座




ホットヨガスタジオ・ガルバのたまき先生も

チクチク一緒に作成して下さいました(*^_^*)



面倒な布の裁断はありません。

既にカットしてあるものを用意してありますので

縫う段階からのスタート


こういう手間がないだけでも

作ってみようという気持ちになるみたいですね



講座の中では

布ナプキンのメリット・デメリット

洗い方、使い方

もれないか心配…を解決!

使い方の工夫などもお伝えしています。



この「もれないか心配…」が

布ナプキンがいいとわかっていても

一歩ふみだせない原因なんですよね~^^;



もれないか心配の解決は

①防水シートを一緒に縫い合わせる

②はじめのうちは使い捨てナプキンを下に敷いて、その上に布ナプキンをする


私は②をお勧めしています。

下に使い捨てナプキンがあれば

もれてもそれが吸収してくれるので安心ですよね。


今はうす~くて、吸収がいいのがありますから

重ねてつけてもゴワゴワすることないですし

何より安心感があります。


私も始めの頃はそれで過ごしていました。

そのうち布ナプキンだけで大丈夫になってきましたよ(^^)





なんでこんなに布ナプキンをお勧めしているかというと

こちらのブログでも書いたように

デリケートゾーンの「けい皮吸収率(皮膚から吸収される割合)」は

腕の内側に比べてデリケートゾーンは42倍


良い物も悪い物も42倍デリケートゾーンの皮膚から経由して

体の中にはいってきます



特にタンポンは怖いです

直接膣に入れるもの


生理ナプキンやタンポンは

・塩素系漂白剤が使われていて

・吸収剤である高分子ポリマー

・臭いをごまかす香料

化学物質が大量につかわれていて

肌から吸収されていくんです




食べるもの(残留農薬、添加物、放射性物質など)は気を付けるのに

肌から入ってくる毒に関しては無関心ですか?





42倍の吸収率で入ってくるけい皮毒


布ナプキンに変えるだけで

「もれないか心配…」も解決し

安心して生理日をすごせるんです♪



私の使い方は

家にいる時は布ナプキン

外出するときは「化学物質が使われていない使い捨てナプキン」

にしています。


使い捨てナプキンでもいいものもあるんですよ。

そちらも講座ではご紹介しています。



なにより布ナプキンにすることで

「ゴミ」が減ります。


子宮と地球

生まれてきた地球を大切にするように

生まれてきた子宮も大切にする


布ナプキンってステキ♡♡

と思ってしまうんです(*˙˘˙*)



子宮がよろこぶ布ナプキン作り&子宮とつながる瞑想WS

同じくホットヨガスタジオ・ガルバで11/10(土)に開催します。



生理用ではまだハードルが高いな~と感じる方は

普段使いの「冷え防止」や「おりものライナー」として

作られてみて下さい♪


腸と対話する深いセラピーで心身を癒す...felice

千葉、市原でチネイザン(内臓の声を聴く)セラピー... お母さんが赤ちゃんのお腹や背中を撫でるやさしいタッチで、各臓器の声を聴きながら、心や感情と深く向き合っていきます

0コメント

  • 1000 / 1000