こんなのありえない♪子宮筋腫があるのに生理が楽になった

子宮筋腫があるクライアントさま

へそ下の子宮あたりに触れると

固いものがあるの触っただけでわかる状態です


お腹の中でも

子宮の部分が一番冷えています



腸の下垂、便秘などが原因で

子宮が圧迫されて冷えているかもしれません


筋腫があることで子宮の血行が悪くなり

冷えているのもあります


女性は子宮で考えるとも言われるぐらい

子宮には怒りや我慢、悲しみなど

感情のエネルギーが溜まっていくとも言われています

(我慢がいっぱいの子宮。肩に力がはいるように、子宮だってギューって固くなっちゃいますよね…)




子宮の冷えをとるように

腸をゆるめたり

横隔膜をゆるめたり

肝臓の疲労は子宮に影響してきます

肝臓のリラックスもしたり

子宮・卵巣にレイキをおくったり



チネイザン2回目

「あんなに生理が辛かったのに、今回の生理は全く辛くなかったんです。ありえないです♪」

と喜びのご感想を下さいました(*^_^*)



子宮筋腫や内膜症の方は

生理がホント辛いんですよね。。。



筋腫自体はまだ小さくなってはいませんが

「生理が楽になった」

これは大きな第一歩♡


ひまし油湿布とチネイザンで

子宮筋腫が小さくなっていきますように。。。

そしてクライアントさまをサポートできる瞬間に感謝です。


腸と対話する深いセラピーで心身を癒す...felice

千葉、市原でチネイザン(内臓の声を聴く)セラピー... お母さんが赤ちゃんのお腹や背中を撫でるやさしいタッチで、各臓器の声を聴きながら、心や感情と深く向き合っていきます

0コメント

  • 1000 / 1000