おへそはなぜ「へそ」と言う?

去年100歳で亡くなった祖父

今年は祖父の初盆です。



ご先祖様から繋がる「おへそ」

以前にもまして「おへそ」が気になっています。



「おへそ」はなぜ「へそ」と言うのか…



諸説あるかと思いますが

へその「へ」は船の舳先(へさき)のへ

船の先端

つまりは先を意味し


へその「そ」は、

祖・素で、全てのもとという意味があるそうです。


先祖の先端=今の私


「へそはすべての素から今を生きる先の人のところまで、美しく繋がっているよ」という意味がこめられているらしいです。



全てのもとは、

肉体的なつながりで言うとご先祖さまたち

もっと大もとでいうと…

宇宙がすべてのもと


へその緒で子孫を繋いでいくという、目に見える世界だけのことではなく、

エネルギーの繋がりもおへそを通じて繋がっている

(書籍:へそ道より)


おへそってすごくないですか♪


*****************


チネイザンではまずおへそ周りをゆるめていきます。

おへそ(風門)をゆるめることは

家の窓をあけるのと同じこと


風通しをよくするために

風門をゆるめ窓をあける



おへそには8カ所の窓があるんですが

開けやすい窓もあれば

錆びついててなかなか開かない窓も

途中まで開くけどそれ以上は開きにくかったり

それらを徐々にゆるめ、開けていく作業を

15分~20分かけて行います


おへそだけで20分(長い人で)

あの小さい範囲で20分

すごいですよね^m^



私はよくセルフケアでおへそまわりをクルクルマッサージするんですが

これが瞑想に近い状態に持って行ってくれて

アイディアが浮かんだり

自分の気持ちを確かめる作業になったり

おへそって不思議だな~って感じています。



おへそはご先祖様と繋がるエネルギーライン。

お盆のこの時期、

セルフマッサージでおへそをクルクルしながらご先祖様に思いをはせてみるのも、

何か新たな発見があるかもしれませんね。



腸と対話する深いセラピーで心身を癒す...felice

千葉、市原でチネイザン(内臓の声を聴く)セラピー... お母さんが赤ちゃんのお腹や背中を撫でるやさしいタッチで、各臓器の声を聴きながら、心や感情と深く向き合っていきます

0コメント

  • 1000 / 1000