「ほぐしてもほぐしても、とれない肩こり」なぜ?

「あっ!携帯!」

朝ヨガで最後のポーズ シャバーサナ(仰向けになってゆっくり休むポーズ)の時に

携帯をオフするのを忘れていたことに気が付いたんですね。

(スタジオの中にカバンを持っていくので)


この静けさの中でスマホがなったらどうしよう…と思いつつ、

その時は止めに行けばいいや~に切り替えて

思考OFF

リラックスにもどります



ヨガで体を動かしている間は

そのことだけに集中。

他のことは全く考えない

思考がOFFされている状態です


シャバーサナでさらに脱力

体の力が抜けて

心の力も抜けている状態


「あっ!携帯!」と思った瞬間

肩に力が入りました


思考スイッチON=交感神経が働き始める





これね

何が言いたいかといいますと

もんでも、ほぐしてもとれない肩こり


思考がONになりっぱなしなんです



思考がOFFにならないからゆるまない

頭が緊張してるんです

ガンガン交感神経優位の状態



どれだけ思考をOFFできるかで

肩のゆるまりかたも変わってきます


だからどんなに揉んでも

どんなに力を入れてほぐしても

肩こりは解消されないんです



マッサージに行ってもすぐ肩こりが戻っちゃうって

そういうこと



とは言っても

目を開けているだけで色んな情報が飛び込んできます


それに対して何も考えないなんて無理なことで…





だからこそ

ヨガや瞑想、雲を見たり、星や月をみたり、自然の中に身をおく

「考えることをしない時間」をつくると言うことは

肩こり・首こりさんにはとっても大事なこと


もちろん目の疲れとか、運動不足とかくることもありますよ





チネイザン(内臓セラピー)が終わった後

肩や目がスッキリする~って声が多いんです

(肩はもんでないですよ)


なぜかって

お腹は脳の次に神経がいっぱい通っているところ



お腹(内臓)がリラックスすると

脳がリラックスするんです

思考がリラックス

思考がOFFになる

肩の力がぬける

肩こりがなくなっている




サロンではチネイザンの他にも

スウェディッシュマッサージとロミロミを組合せた

オリジナルのオイルマッサージをしていますが


ここでも揉んだり、ほぐしたりは意識していません


脳のリラックス

それを意識しているオイルマッサージです





脳ってね

手が発達する過程で、脳も発達してきているんですって


だから脳を休めるには

手の平をマッサージするといいんです


肩を一生懸命モミモミするより

手の平をゆっくりモミモミする方が

肩の力は抜きやすく、肩が楽になっていきます



なのでここはセラピストさんへのメッセージ♪

肩を一生懸命もむより

お腹や手の平をゆっくりモミモミしてあげると

クライアントさまの肩は楽になっていきますよ



って考えると…

ほぐしてもほぐしても辛い肩こりさんは

チネイザン&オイルマッサージで

まずは脳の休息がbest♪

(ここはちょっとメニューの宣伝になっちゃいますが)



チネイザンで感情の開放もできるので

肩の重荷になっている

責任・負担・プレッシャーをいったん流して


自分の体・こころ・思考・感情・魂を愛してあげましょう♡


腸と対話する深いセラピーで心身を癒す...felice

千葉、市原でチネイザン(内臓の声を聴く)セラピー... お母さんが赤ちゃんのお腹や背中を撫でるやさしいタッチで、各臓器の声を聴きながら、心や感情と深く向き合っていきます

0コメント

  • 1000 / 1000