産後の便秘改善6つのポイント

産後ママの便秘改善に

6/8にこちらで内臓セラピーの体験会をさせて頂きますが、

来れない方々のために

産後の便秘改善の参考にして頂けたらと思います。



産後の便秘の原因はいくつか考えられるのですが

①会陰の痛み、お腹の痛みで力を入れることが怖い(ふんばれない)

②骨盤の広がりで内臓下垂

③赤ちゃんに母乳をあげることで水分不足

④食生活が不規則に

⑤睡眠不足

⑥ストレス

などがあると思います。




まず改善方法として

①会陰の痛み、お腹の痛みで力を入れることが怖い(ふんばれない)


会陰の切開、帝王切開で力を入れるのが怖いですよね。

だから「力をいれずにスル~っとでてくれたら嬉しい\(^o^)/」

そのためには、「水溶性の食物繊維」を多めにとってみて下さい。




水溶性の食物繊維

どんなものに含まれているかと言うと

「ヌルヌル」「ネバネバ」したものに多く含まれています。


たとえば

わかめ、昆布、もずく、寒天などの海藻類、

納豆、なめこ、アボカド、おくら、モロヘイヤ

あんず、プルーンなどのドライフルーツ

このようなものに多く含まれているんですね。



ウンさんをやわらかく、ふんわりさせてくれるので

「スルッ」とでやすくしてくれます。



スルッとといえば

オリーブオイルやココナッツオイル、亜麻仁油、えごま油などの

良質の油も「スルッ」とでやすくしてくれます。


ヨーグルトやスムージー、納豆・サラダにかけて食べるのがお勧めです♪



特に「ヌルヌル」「ネバネバ」した食べ物は

傷口や細胞の修復を早めてくれるので

産後にはお勧めの食べ物たちです。




水溶性の食物繊維の他に「不溶性食物繊維」というものがあります。

これはウンさんの量をつくったり

腸を刺激して蠕動運動をさせてくれるものなんです


イモ類、豆類、野菜、乾物野菜、キノコ類に多く含まれます


ただ、便秘だからと言ってこればかりとっちゃうと

ウンさんの量がふえカチカチに

産後のふんばれない時はさらにでにくくなっちゃいます。


だからといって食べないでいいという訳ではないですよ。


ウンさんがでるのに

ある程度の量とスルッっと感で

スッキリ~\(^o^)/になるので



納豆、ごぼう、さつまいも、キウイ、アボカド、切り干し大根などは

水溶性・不溶性、両方の食物繊維がバランスよく存在している食べ物です




腸と対話する深いセラピーで心身を癒す...felice

千葉、市原でチネイザン(内臓の声を聴く)セラピー... お母さんが赤ちゃんのお腹や背中を撫でるやさしいタッチで、各臓器の声を聴きながら、心や感情と深く向き合っていきます

0コメント

  • 1000 / 1000