もっと若返りたいんですー!

先日クライアントさまが

「私、もっと若返りたいの-!!」って

必死におっしゃっていたんです。


十分お若いんですよ♪

中学生、高校生のお子様が2人いて

お仕事もバリバリされて


色白で髪はコシが合って

お仕事の活躍ぶりをみると

体力はある方だと思うんですね


私からみると十分若いって思っちゃいますけど

ご本人の中の基準がきっとあるんでしょうね♪



若いって何が基準なんですかね?

外見なのか

中身なのか


最近、


若返り(アンチエイジング)の決め手は「膣の潤い」


と書いてある本を読みました。


ちつのトリセツ

潤うからだ

どちらも尊敬している

セラピストさんがおススメしていた本で

その先輩も若々しく

生き方に艶があり

女性らしい色気のある方です


この本の中では膣・会陰・子宮の潤いが

若返りの秘訣となっています。


これから先

膣・会陰・子宮をヨニと呼びますね。


ヨニとは女性の陰部・子宮のことで

そこに流れるエネルギーのことも同時にさすそうです


ヨニが乾燥する

ヨニが固くなる

ヨニが冷える


なんて考えたことありますか?

ヨニが冷えるは、

まぁ想像がつくんですが

(生理痛はヨニの冷えが原因だったりもしますし)

乾燥する、固くなるは

本を読んで衝撃的でした。


か、乾燥するんだ、、、、Σ(・ω・ノ)ノ!



加齢とともに

ヨニの乾燥、固さ、冷えがでてきやすくなるそうですが

今は若いうちからこうなっている方も多いと思います。



若返りの決め手がヨニ(子宮)


何となくわかる気がします。

女性性をつくりだし

愛をつくりだし

感じる力をつくりだす


ヨニの潤い

子宮がいいエネルギーで満たされていることが

外見も中身も若返りになるんじゃないかな~と


高価な美容液とかサプリメントとかよりも

ずっといい美容効果もでるんじゃないかと思います。


じゃぁ、どうしたらヨニ(子宮)が潤うようになるのか


本の中では膣のマッサージを紹介しているんですが

さすがにそれは紹介できないので

(でもヨーロッパでは当たり前なんですって。膣ケア。膣まわり専用の化粧水やクリームもあるんですって。たしかに!年齢を重ねた方でも、生き生きした女性が多いですもんね)



私がおススメするのは


「布ナプキン」と「腎・生殖器へのチネイザン(氣内臓セラピー)」

それと「ひまし油湿布」です。


布ナプキンは生理の時だけじゃなく

常につかえて、ヨニの冷え予防に


腎・生殖器へのチネイザンでエネルギーを循環させ

(セルフチネイザン)

ひまし油は使い方は色々。

膣のマッサージにも使えますし

ひまし油湿布をすれば

子宮デトックスにもなります。


カンジダ症の実験以来

布ナプキンにひまし油をしみこませて

膣のひまし油湿布をしています。


なんて表現したらいいでしょう

この心地よさ

安心感っていうのかな


ひまし油のヒーリング効果

今度お勉強してきます!(ちゃんと申し込みしました~)



4/23、5/25に

子宮デトックス「手作り布ナプキン&ひまし油体験」を

千葉中央 エミーブラウンズさんで開催します。



久々のセルフケア講座

ちょっとお休みしちゃってましたので

4月からまた再開です!


詳細はこの後書きますね。

子宮の潤いを保ち

皆で若返りましょ~~♡


腸と対話する深いセラピーで心身を癒す...felice

千葉、市原でチネイザン(内臓の声を聴く)セラピー... お母さんが赤ちゃんのお腹や背中を撫でるやさしいタッチで、各臓器の声を聴きながら、心や感情と深く向き合っていきます

0コメント

  • 1000 / 1000